教えてください。質問の答えを。こんな案どうですか?

おはようございます。

行列の出来ない接骨院

小道のほぐし接骨院、院長の千葉です。

 

ちょっとお聞きしたいんですけど

骨折した時、真っ先に接骨院、整骨院に行きます!って言う人

どれくらいいますか?

 

脱臼ならまだ需要がありそうですけど(右肩下がりなのは間違いない)

骨折に関しては、もう右肩下がりに需要が減ってるのではないでしょうか?

 

接骨院の本来のメインの仕事は、骨折、脱臼の整復と固定でした。

ですが、今となってはマッサージ屋さん化しています。

私も、骨折、脱臼に関しては整復、固定はうちの院に来るより

病院を勧めます。

これは、プライドとかそんなものよりも、患者さん第一に考えてです。

 

もちろん、柔整師の先生の中には、医者よりも優れた技術をもった方も

まだまだ多く存在します。

でも、残念ながら時代の流れは接骨院の整復、固定は下火になりつつある。

 

でね、もう骨折、脱臼は任せちゃって

逆に、扱える範囲を広げてみてはいかがでしょうかね?

保険の窓口負担額を少し高めに設定して

肩こり、腰痛、四十肩や五十肩など接骨院の保険では扱えないってされていた部分を解禁してはどうですかね?

 

実際、筋肉に関しては接骨院もまだまだ知識が豊富で

整形外科よりも治癒効果が高かったりします。

だから、接骨院にいくわけであって。

 

医師と柔整師、鍼灸、あんまマッサージ指圧師が連携して

うまくやりながら医療費削減できれば一番いいんじゃないかなって。

 

窓口負担、5割、6割とって

診療可能科目を増やすって案、いかがでしょうかね?

 

共感してくださったらシェアお願いします。

 

予約_edited-1

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中