おせっかい。でも必要なら全力で。

おはようございます。

行列の出来ない接骨院

小道のほぐし接骨院、院長の千葉です。

 

先日、駅のホームで接骨院時代に担当していた患者さんにお会いしました。

接骨院の時は元気に歩けていたのに、残念ながら杖をついていました。

 

人はどうしても老化していきます。

体も思うように動かなくなってくるし、運動の量を増やせない人や

痛みに逆らってでも自力で歩いたり、家事などが出来ない人は

筋肉もどんどん力を失っていきます。

 

さらに追い打ちをかけるかのように

楽だと思ってやることが、それを加速させてしまう。

 

メガネをかけ始めた途端に目が悪くなるように

体も楽しようとした瞬間に、どんどん劣化していってしまうんですね。

 

院に患者さんが来た時には

必要であれば、トレーニングも行っています。

軽ーく負荷をかけて、筋肉の緊張をとりつつ筋肉にアプローチしていく。

 

そうすると、帰りにはしっかり楽に歩けるようになります。

そうやって元気になって帰ってくれると嬉しいですよね。ほんと。

 

世の中にはいろんな健康法が蔓延っていますけど

「これやっときゃ大丈夫!」なんて健康法って存在しないんです。

だって、おんなじことやっても、良くなる人と悪くなる人がいるでしょ?

 

大切なことは、100人いたら100通りの健康法があるってことを理解することなんだと思います。

 

これからもみなさんの健康をサポートしつつ

みなさんに合った施術を提供していけたらなって思います。

 

予約_edited-1

 

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中