自然治癒力と共存する。

おはようございます。

行列の出来ない接骨院

小道のほぐし接骨院、院長の千葉です。

 

人間ってすごい能力を時には発揮して

何もしなくたって病気やけがを治してくれるんですよね。

 

それが自然治癒力ってやつです。

異物が体に入り込めば、熱を出したり、くしゃみや嘔吐したり

倦怠感が出たり、鼻水でたり、頭痛くなったりして

そうやって異物と闘う。

 

ケガをすれば、腫れたり熱感もったりして

一日でも早くけがを治そうとしてくれる。

 

それが人間に備わった本来の力です。

 

せっかくのその能力をつぶしているのは皮肉なことに人間の知恵。

たいした風邪でもないのに薬飲んだり

ケガを早く治すために痛み止め打ったりして。

 

自分で捻挫した時、確信したことがありました。

人間の治癒能力はハンパないって。

 

靭帯何本かやってたんですが、痛いながらに毎日歩きました。

固定もほとんどせず、毎日歩いて酸素供給させました。

痛み止めも、湿布も貼りませんでした。

その結果、今はどっちの足を捻挫したのかわからないです。

完璧にもとに戻りました。

 

過剰なまでの薬の処方や対処療法は

逆人間の能力を衰退させて、最悪なくしてしまう。

 

機械の進化もいっしょで

せっかくもってる人間の能力を使わないでいれば

どんどん退化していくのは当たり前なはなしです。

 

自分がもってる本来の力をもう一度把握することで

薬を飲まなくて良い体になったり

ケガや病気をしにくい体を得ることができます。

 

私ももう何年も薬を飲んでいません。

 

自分の力を信じて、ケガや病気と向き合えるとよいですね(^^)

 

予約_edited-1

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中