話す内容を聴けば、体の状況は大抵わかる。

おはようございます。

行列の出来ない接骨院

小道のほぐし接骨院、院長の千葉です。

 

整形外科や接骨院で今までにのべ、3万人以上の方を診てきたんですが

その8割くらいが不定愁訴って呼ばれる症状でした。心の問題ってやつです。

 

その中でもパターンんが4つあったんです。

 

①元気で明るく前向き

②元気で明るく前向きだけど、悩みが言えず助けも出せず1人で抱え込む

③マイナス思考で後ろ向き、でも悩みは結構口に出して言えちゃう

④マイナス思考で後ろ向きで、すべてを抱え込んでしまう

 

この4パターン。

①はいいんです。怪我や病気しても前向きに捉えられるんで。

③も意外と元気。共感してくれる人が集まってるので心は和んでたりする。

 

意外と体にガタがきてるのは②。

プライドや責任感が強くて、すべてを抱え込んじゃって、何かの拍子に一気にガタがきてしまう。

 

そして④は常に体に不安を抱えてる。

 

体と心って直結してて、厳密に言えば脳みそなんですけど、やっぱり自分の体をコントロール出来るのって自分なんですよね。

 

うまく吐き出せない、吐き出したいけど誰もいない、体がいつもだるいなど、不調があったら大ごとになる前に一度院にいらしてください。

 

心変われば体も変わりますし

体が変われば心も変わりますから^ ^

 

予約_edited-1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中