プラシーボを大いに使う。

おはようございます。

行列の出来ない接骨院

小道のほぐし接骨院、院長の千葉です。

 

プラシーボってありますね。「偽薬」ってやつです。

酔い止めだよって言って小麦粉飲ませたら、本当に酔いが治まったり

医者のかっこみたら、なんとなく治った気分になったり。

 

世の中にはいろんな治療法がありまくりますけど

ぶっちゃけ、治ればなんだっていいわけで。

 

効かない特効薬より、効く偽薬なんですよ。

 

だったら、そのプラシーボってやつを思いっきり使えばいいじゃんって思う。

っていうより、

 

「それ、プラシーボの可能性大いにあるよね」

 

ってことは世の中溢れかえってるんですよ。特に情報過多な今の時代だからなおさら。

 

皆がいいっていうから良い気がする。

すごい先生が治るって言ったから治る気がする。

効いてるのか効いてないのかわからないけど、いつの間にか痛みが治まった。

 

それくらいの痛みなんだから、それで治ればいいんです。

 

悪なのは

 

治るのに、治ってるのに「まだですね」って言って通わせようとする医療機関だと

私は思ってます。

 

予約_edited-1

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中