病は自分で。

おはようございます。

施術料金は1円からの行列のできない接骨院

小道のほぐし接骨院、院長の千葉です。

 

前にFacebookにあげた記事の抜粋です。

自律神経を整える施術を患者さんにして
改めて思う事
それは

“病は気から”ってことです。

19歳の時胃カメラを飲みました。

ちょうど大学で野球漬けだった歳
野球と理不尽な上下関係に嫌気がさしつつ
『こんな日々は変えてやる』
と脳ミソでは思っていても
変わったのは自分の身体で
ぶっ壊れたのは自分の胃の粘膜でした。

身体は本当に正直だと思います。
憎いくらいに正直者です。

めまぐるしく変わる目の前の景色に
否が応でもストレスを感じ続ければ
いずれ身体は破綻する。

時代は変わり
医療技術は進化しているはずなのに
ストレスだけは増え続ける世の中。

じゃあどうすりゃいいんだ?
ストレスなんてどうやってなくせばいいんだ?

そんな声も聞こえてきそうだし
現に患者さんともそんな話になったりもします。

自分の経験から

まずは睡眠と休養はしっかりとる事
睡眠不足や栄養不足は人間をダメにします

そして大切なのは

“世の中自分中心には回っていない”

と思う事です

自分の前に見えるすべての人は
自分の師匠であって”支障”ではありません。

自分を知り自分のペースをしっかり持てば
人や物や情報なんかにストレスを感じなくなる。

いつも言いますが
人は神様じゃない。
自分以外を望み通りにしようなんて無理な話。嫌なものがあるなら離れりゃいいだけの話だし、それがストレスだって決めるのは
紛れもない”自分自身”ですからね。

自分で自分の心を変えるのが一番です。

そんな事を考えるようになってから

睡眠不足を除いては
ほとんどストレスを人からもらわなくなりました。円形脱毛もびらん性胃炎もなくなりました。

簡単そうで難しいけど

まずは自分自身と向き合うのが
いいのかなって。

予約_edited-1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中